”La Clef de Sol”販売会

ニース在住時の友人がカンボジアで立ち上げたオリジナルテキスタイル&セレクトショップ”La Clef de Sol”(ラ・クレ・ド・ソル)さんのお品々を、Pièce Douceにて予約制で販売させていただきます。 (Pièce Douceは普段、フランス語教室となっています。) ご興味のある方は laurent☆toutca.com (☆をアットマークに変えて送信下さい。) までご連絡下さい。 日時の相談をさせていただきます。 また、このタイプのお洋服が好きそうなご友人などにお声かけていただけると幸いです。 今回は主にプリーツ、貝ボタンなどのアクセントがきいたお洋服たち。 オリジナル天然石アクセサリーの”Beorc”さんにも、今回の”La Clef de Sol”さんのlineupに合わせて新たに何点か作っていただきました。こちらも同時展示販売です。 今回、デザイナー&オーナーの佳枝さんに、”La Clef de Sol”への熱い想いを語っていただきました。 つくられた背景が見えてくると、大切に、大切に、着たくなります…。 **************** 2009年にプノンペンで立ち上げたLa Clef de Sol. レストランの一角で週末だけの小さな小さなお店でスタートしました。 日本のように、選択肢がたくさんある豊かな国ではないカンボジア。 心地よく、気に入ったものに囲まれて生活するというのが、 まだ難しかったその頃。 自分なりの”好き”を形にして、毎日の生活に彩を加えることが出来たら・・・という思いから商品作りが始まりました。 古きよき物を大切にする日本やフランスの文化。 大切に使いたいって思う品々には、たくさんのこだわりが込められていると思います。 時間だったり、素材だったり、努力だったり。 こういった背景は実際にモノ作りを、スタッフと一緒に行うことによってよりいっそう感じています。 どれだけのこだわりを、ひとつの商品に込められるか・・・ そのこだわりを形にするには、どれだけチーム一丸となって向かっていけるか・・・ そんな究極の願いを、試行錯誤を繰り返しながら、丹精込めて創り上げられた時には、この上ない贅沢な喜びをスタッフみんなで感じています。 La Clef de...

Laurent母親来日

急遽、Laurentの母親の来日が決定し、あわただしくしております。 期間中、Tout ça!フランス語レッスンの、平日・日中に受けていただいている方々、 彼女にも飛び入り参加してもらいますので、 いつものレッスンとは違う生のフランス人同士の会話をお楽しみいただけると思います。 もちろん追加料金等はいただきません。 (夜間、土曜日に受けていただいている生徒さんには機会がなくて、ごめんなさい。) 彼女の朗らかさ、元気さ、ポジティブオーラはLaurentと同じ。 ついでに顔まで同じ・・・。...

妹来日

お久しぶりです。 現在、Laurentの妹が来日中です。 けれど彼女はと・・・ってもシャイなので、彼女を囲んでのイベント開催予定はありません・・・。 でも、通常のプライベートレッスンにゲリラ的に参加、...

本日のお客様

本日のPièce Douce一般開放、お客様はゼロではありませんでしたよ(笑) 地元の方で、まさにいつも通りかかる度に何だろう?と思っていただいていたという方でした。 お話をうかがっていると、なんと絵描きさん。 世界中を旅されて絵を描いていらっしゃるとか。 岐阜にこういう場所・・・、人と文化、アーティストとアートなものに興味のある方を結べるような 場所があって嬉しい、と言ってくださいました。 もちろん今のところはフランス語レッスンだけなので、まだまだ役不足なのですが、 いつかPièce Douceをそういう場所にしていけたらいいなぁと思っていたので、 とてもモチベーションが上がりました! Tout ça! の生徒さんやPièce Douceに興味を持ってくださる方々は本当に プロの方もそうでない方も含めクリエーターやアーティストの方が多くて、皆さん才能がおありで、 頼まれてもいないのに、広めたい衝動に駆られます。 わたしたちが微力ながらもどんな風にして岐阜の文化的側面の活性化に貢献できるか、 これから考えていきたいと思っています。 木をカットする下敷きだった廃材を利用したPièce Douceの扉…。...

イベント終了

報告遅くなりましたが、 3月18日「からだにやさしい料理試食会」、無事終了しました。 今回は「試食会」・・・のつもりが、 先生のご厚意で、「しっかり料理教室」となり、 とても充実した2時間で、参加いただいた皆様にもご好評いただきました。 皆さんは切干大根、お麩、海草、豆腐、玄米…、 と聞いてどんな料理を思い浮かべますか? 精進料理のイメージですよね。 今回の試食会ではこんなに春めいた、明るくて綺麗なプレートになりました! *メニュー* ・菜の花玄米ごはん 卵風豆腐(実際は豆腐とターメリック!)飾り ・車麩の照り焼き ・レンズ豆のスープ ・柑橘と海草のサッパリ和え ・春色パフェ 動物性のものはないのにお腹は一杯。 でもお腹一杯なのに、食後「ああ、たくさん食べてしまった・・・」という罪悪感がない。 この満足感は嬉しいですよね。 楽しく学びながら料理レッスンがすすみ、 出来上がった食事を美味しくいただけたのはもちろん、 難しそうと思っていたマクロビオティックが少し身近になった、 地味な食事のイメージが払拭できた、 野菜そのものの美味しさを見直すことができた・・・、 というようなご意見をいただき、 このイベントの一番の目的が果たせたようで、嬉しい限りです。 今回、私がイベント前2週間ほど体調不良でダウンしていたため このイベントの宣伝活動がほとんどできず開催さえ非常に危うかったにも関わらず、 ネットで見ていただいたり、話に聞いていただいたりして、最終的には8名もの方に参加ご希望いただきました。 やはり世の中はからだにやさしい食事が求められている方向なのだなあと感じずにはいられませんでした。 4月は少しバタバタしますのでまだ次回の予定は立たないのですが、...

イベント報告

大変遅くなりましたがイベント報告を写真で・・・。 ビストロになったPiece Douce・・・。 創作パンペルデュが一つ目の前菜に。 . 白いボトルからはオレンジソースが泡だった状態で出てきます。 柑橘系を使った料理はシェフの得意とするところ。 . こちらメインはマンゴソースで。 . 秋の代表的植物、もみじ、ススキ、コスモスをディスプレイしました。 . ・・・料理教室・・・ アンティーブでの料理教室でも人気のあった鶏肉のブイヤベース。 ブイヤベースは魚だけのものではありません。 これでブイヤベースが家庭でも気軽にできるものに?! サフランがきいてて美味しいですよ。 . この赤いココットはcousancesのもの。 歴史はとっても古いのに、いまやル・クルーゼ傘下となってしまったんですって。 フランスで知り合いから譲り受けたものなんですが、私はル・クルーゼに浮気せずに これを一生ものとして、大切にしたいと思います。 ちなみに黒いのは土鍋。ブイヤベースは土鍋でも美味しくできます。...